カプサイシン ダイエット

唐辛子等に多く含まれているカプサイシンにダイエット効果が期待出来るそうです。
カプサイシンダイエットと言ってもいいかもしれませんね。
カプサイシンダイエットは唐辛子を食べるだけで良いと思われがちですが、それだけではあまり大きな効果は期待出来ません。
たしかに唐辛子を食べれば汗をかきますし、体の中で脂肪が燃焼されやすい状態になっていることは確かですが、唐辛子を食べただけで痩せることができればそんな楽なことはありませんし、
韓国人には太っている人がいないということにもなってしまいますよね。
でも韓国人にだって肥満体質の人はいます。

毎日キムチを食べていたって太っている人はいるんです。
そのことから考えてもただ唐辛子を食べただけでカプサイシンダイエットが成立するというのは少し違うというのがわかります。
カプサイシンダイエットで大事にしたいことは、唐辛子を体内に取り入れながら運動に励むということ。

唐辛子を食べることで体の中では様々な作用が起こっています。
脂肪を燃焼させる準備がされているので、そこに運動を加えると、唐辛子を食べずに運動をした時よりもはるかに良い効率で脂肪を撃退することができるという仕組みです。
これがいわゆるカプサイシンダイエット。

辛いのを我慢して多量に摂取しただけでは正しいカプサイシンダイエットとは言えません。
辛味を感じる神経は痛みを感じる神経と繋がっているといいます。
ということはあまり辛いのを我慢して食べていると逆にストレスがたまり、痩せるにはあまり効果的ではない脳の状態になってしまうことも考えられるので、やはり無理をするのは禁物。

食事にキムチを添える、料理にラー油や豆板醤などを利用する、洋風のものにはタバスコを使ってみる、豚キムチやキムチ鍋などのように料理そのものとして食すなどなど、
唐辛子を取り入れる方法はかなり多いので、適量を食べ、そして運動をしましょう。

カプサイシンダイエットの基本は運動をすることで、その補助的や役目として唐辛子やそれに含まれている成分があると認識しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*