正しいスキンケアの方法

スキンケアを行うさい、肌の状態をきちんと知ることが大切です。肌の状態は1日の中で変化しますし、また部分によって状態は違います。上記を踏まえて、肌の状態に合ったスキンケアを行います。スキンケアの基本は洗顔です。メイクをした日はまず肌の状態に合ったクレンジンク剤などで、メイクやUVつまり紫外線のクリームなどの汚れを落とします。クレンジング剤も様々な種類があります。洗い流すタイプだけでなく石けんやオイルなどです。洗顔料だけでなくクレンジング剤も、肌の状態に合ったものを選ぶことが大切なのです。

そして肌に残っているクレンジンク剤などの油分を、洗顔料で洗い流します。次に洗顔料を付ける前の予洗いを、ぬるま湯としっかりと洗った手で行います。それから本洗いを肌の状態に合った洗顔料を、同じようにぬるま湯と手でよく泡立ててから、洗顔料で洗うと言うより、泡で顔をソッとやさしく包むようにして行います。洗顔料の種類は石けんやムースやパウダーなどです。洗顔ネットなどで泡立てることもできます。きめ細かくてモチモチとして弾力がある泡を作れば、その泡がしっかりと汚れを落とすため、力を入れて洗わなくても汚れが落ちます。最後に洗顔料をぬるま湯できちんと洗い流します。このさいに注意することは顔を手でこすらないようにすることや、髪の生えぎわやこめかみ、あごから耳のりんかく部分や小鼻のくぼみなどに洗顔料が残らないようにすることです。

洗い流し終わったら顔をタオルで拭くと言うより、顔にタオルをソッと押し当てるようにします。また洗顔石けんにプラスしてクレンジング剤を使う洗顔が、ダブル洗顔と呼ばれるものです。洗顔後はまず水分を補給するために化粧水を付けます。次に水分を肌に留めるために美容液を付けます。美容液を付けるさいに目頭やこめかみ、鼻の下のビューティーポイントのマッサージを30秒くらい行うと、血行が良くなって肌のツヤが良くなります。マッサージは中指と薬指を使ってやさしく行います。乾燥している部分がある場合は、水分の蒸発を防ぐ乳液などを付けます。必ず化粧水、美容液、乳液の順番に付けましょう。順番に付けないと、その有効成分が皮膚に浸透しにくくなります。なお化粧水は普通肌用や乾燥肌用、脂性肌用などがあります。プラススキンケアであるUVのケアが必要なこともあります。UVは肌にダメージを与えてしみやしわなどの原因になるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*